林歯科では松坂市で歯科医師を求人、募集しています三重県松坂市で歯科医師の募集・求人をお探しの方は林歯科医院へ

生まれてくるお子様の歯のために食べるとよい食べ物とは?

こんにちは!歯科医師 濵田です!

林歯科医院では、ここ最近、とても嬉しい出産報告であふれています。

そこで、生まれてくるお子様の歯を丈夫にするために、妊娠中に食べるとよいものについてお話します。

赤ちゃんの歯は、いつ作り始められるのでしょうか。

妊娠7週目頃から乳歯の芽が作られ、永久歯も妊娠4カ月頃には作られ始めます。乳歯は妊娠4カ月後半から歯の石灰化(硬くなる)が始まります。誕生頃より永久歯の石灰化も始まります。

妊娠中に赤ちゃんの歯を丈夫にするには何を食べればよいのでしょうか。

歯の栄養には、カルシウムだけでなく、タンパク質、リン、ビタミンA・C・Dの栄養素を含む食品をバランス良くとることが大切です。

歯の石灰化(成熟して固くなること)のための材料にカルシウム(ひじき、チーズ、しらすぼし)とリン(米、牛肉、豚肉、卵)、

歯の基礎を作るのにタンパク質(あじ、卵、牛乳、豆腐)、

歯の表面・エナメル質の土台としてビタミンA(豚、レバー、ほうれん草、にんじん)、

象牙質の土台としてビタミンC(ほうれん草、みかん、さつまいも)、

カルシウムの代謝や石灰化の調節役としてはビタミンD(バター、卵黄、牛乳)

を摂取することが大切です。また妊娠中はカルシウムの吸収率が高まります。

お子様への食事や飲み物の与え方、歯みがきなどの生活習慣が、歯に影響を与えていきます。妊娠中から、歯の栄養のためにバランスよく食べつつ、食生活の習慣の見直しも行いましょう。

お問い合わせはこちら

三重県松阪市嬉野須賀領町507-1

10:00~12:30×
14:00~18:30×

※土曜日は18:00までの診療です。
休診日 / 日曜日・祝日

クリニック見学希望の方は
お気軽にお電話ください。

公式サイトはこちら
  • 林歯科医院院長ブログ
  • 勤務医の日常ブログ