林歯科では松坂市で歯科医師を求人、募集しています三重県松坂市で歯科医師の募集・求人をお探しの方は林歯科医院へ

勤務医の日常ブログ

1 / 1112345...10...最後 »
2017/07/22

2017.07.21 歯科医師勉強会

2017.07.21 歯科医師勉強会

「矯正・第一期治療③臨床編」

 

今週の歯科医師勉強会は、「矯正・第一期治療③臨床編」というテーマで日本ティップエッジ矯正研究会会長、セントルイス大学、ハーバード大学客員教授・宮島邦彰先生の「予防矯正の真髄」のDVDを使用し、副院長が行いました。

 

今回のトピックスですが

上顎の成長発育の特徴

下顎の過剰な発育の防止法・上顎の劣成長への処置

下顎後退・下顎成長促進装置の作用

顎矯正と歯列矯正

下顎歯列のスペース獲得

上顎歯列のスペース獲得

下顎の前後左右的成長の方法

乳歯の萌出順序と時期

歯槽骨の発育時期

固定式大臼歯の遠心移動装置について

TPA、GMD、DELA、リップバンパー、サジタルアプライアンス、QH…

 

などでした。

2017/07/19

2017.07.18歯科医師勉強会

2017.07.18歯科医師勉強会

 

「矯正・第一期治療②臨床編」

 

今週の歯科医師勉強会は、「矯正・第一期治療②臨床編」というテーマで日本ティップエッジ矯正研究会会長、セントルイス大学、ハーバード大学客員教授・宮島邦彰先生の「予防矯正の真髄」のDVDを使用し、副院長が行いました。

 

今回のトピックスですが

成長期の矯正       上顎、下顎で有効な装置とは?…

顎関節症の原因になりやすい装置とは?…

機能装置60年の発展の中で、最も有効と思える機能装置とは?…

上顎骨の成長発育について

上顎複合体、平行な4縫合における解剖学的な見解

上顎の成長発育の特徴4つ

上顎骨の骨格的な移動について

前後的移動の効果が高い年代とは?

側方拡大は、何歳まで可能か?

上顎歯列の突出に有効な、ヘッドギアの使い方

上顎の劣成長への処置…

下顎の機能的前進による、反対咬合の治療について

などでした。

2017/07/18

2017.07.17 国際矯正歯科研究所エキスパートコース

2017.07.17 国際矯正歯科研究所エキスパートコース

 

海の日の祝日7月17日は、月一回開催されている日本ティップエッジ矯正研究会会長、セントルイス大学、ハーバード大学客員教授宮島邦彰先生のコースに参加しました。今回は「外科併用のスピード矯正」をテーマに臨床講義に実際の診療見学など盛りだくさんな内容でした。

スピード矯正には①骨の損傷による歯周組織の環境変化(局所の脱灰と速やかな骨代謝)、②骨切断と即時移動、③緻密骨切除と急速な歯の移動④歯の再植、移植、⑤インプラント固定による無駄のない移動がありますが、それぞれについて宮島教授の30年間の経験に元付いたお話を伺うことができました。

スピード矯正のための外科手術として・骨延長・緻密骨削除(Corticotomy)・顎骨移動手術などがあり、なぜ外科手術は歯の移動を速めるのかと言うと、局所の脱灰現象RAP(Regional acceleratory phenomenon)によります。RAP減少により、硬,軟組織への外科的侵襲は周囲組織の再建活性を促進し、骨代謝率を亢進し、骨密度を低下させるのです。歯根膜内の破骨細胞は手術後2~3日で増加し、RAPのピークは手術後1~2か月で骨密度は最低となり、RAP は6~24か月で終了 する という事だそうです。(Yaffe A et al. J Periodontol 1994)

RAP(Regional acceleratory phenomenon)

・新たな骨のリモデリングにより全周で局所の代謝回転亢進が起こる

・レントゲンで海綿骨の粗造化がみられる

・緻密骨の消失より海綿骨のfraction が多くみられる

・局所海綿骨の50% 以上が6週でレントゲン的に消失する

・骨密度の低下がレントゲン的に明瞭

・RAPが終了すれば骨密度の低下はなくなる

IMG_8220[1] IMG_8223[1]

 

林玲子

2017/07/18

2017.07.14 歯科医師勉強会

2017.07.14 歯周外科ベーシックセミナー⑥「歯周外科実習」

 

本日の歯科医師勉強会は「歯周外科ベーシックセミナー」の6回目として、院長先生のデモの後、それぞれ豚の下顎を用いてオペの実習を行いました。

テキストは「イラストで見る筒井昌秀の臨床テクニック」です。

豚実習 3回目

① 歯肉歯槽粘膜形成術(MGS:mucogingival surgery)

IMG_8198[1]

2017/07/10

2017.07.07 歯科医師勉強会

2017.07.07歯科医師勉強会

 

「矯正・第一期治療①」

 

今週の歯科医師勉強会は、「矯正・第一期治療①」というテーマでハーバード大学矯正科教授・宮島邦明先生の「予防矯正の真髄」のDVDを使用し、副院長が実際の症例で補足する形で行いました。この勉強会のシリーズは勤務医の先生方全てが一年目に受けるカリキュラムになっております。

 

小児の矯正を学ぶ意義ですが、勤務医の先生方が林歯科を卒業後、矯正治療をどこまでするのかに関わらず、小児歯科や予防歯科を行ためには、実は小児・矯正分野の「成長」に関する深い知識が必要だということです。この分野の知識がないままメインテナンスで小児の患者さんを見てゆくということは大変危険で無責任なことだと考えています。林歯科の歯科医師教育カリキュラムでは1年から矯正の勉強が始まり2年目では第一期治療全般を副院長のサポートを受けながら診ることができるようになります。今後も2回目以降を継続してゆく予定です。

 

IMG_8166

2017/06/26

2017.06.17 鈴木先生結婚式

2017.06.17 鈴木先生結婚式

 

6月17日土曜日は鈴木隆太郎先生の結婚式でした。愛知県常滑市であった披露宴には林歯科の歯科医師全員が参加させていただきました。

 

頑張り屋で人を楽しませることが大好きな鈴木先生らしい、サプライズ満載のとても楽しい素敵な結婚式でした。鈴木先生もなかなかのイケメンですが新婦も可愛らしい方で絵になる二人でした。幸せのお裾分けで写真をアップしますね

IMG_7977

 

IMG_7980

 

IMG_7985

 

さて、サプライズ満載の結婚式ですが、それより驚いたことが…

歯科医師6名、津なぎさまちに集まって船でセントレアに向かったのですが、その船内での光景がこれです‼

IMG_7968

なんで勉強の本を持ってきてるの??藤村先生

 

林玲子

2017/06/19

総義歯(入れ歯)の治療

総義歯(入れ歯)の治療

歯科医師の水谷です。

 

日々の臨床の中でいろいろな課題にぶつかり、毎日頭を悩ませております。その度にいろいろな本を読んで、たくさんの先生の話を聞いて自分なりに解決策を考え、本格的な治療に入る前に院長先生と相談をして日々過ごしております。

 

歯科医師なら誰しもがぶつかる壁の一つに総義歯、いわゆる「入れ歯」の治療があります。なぜ「入れ歯」が難しいの?と一般の方々は思われるかもしれませんがこれが本当に難しい治療なのです(得意な先生もいて難しいと感じられない天才的な先生もいるかもしれませんが。。)。

 

そもそも、学生時代に色々と勉強してきた内容というのは今から数十年前くらいに考えられたようなものであり、現在の超高齢社会には合致していないことが多いのです。高齢者になると顎の骨も以上に痩せ、義歯をのせるだけの土台となる骨がないのです。土壌の悪いところに建物がたたないように、土台となる骨がないところに入れる入れ歯は難しいのです。「あなたの骨が痩せすぎていて入れ歯は作れませんね。」と断られることもあると聞きます。

 

このような患者さんにも対応できるようになりたく、とある「総義歯研究会」に所属し勉強させていただいております。先週は発表も行い(今までも何度か行っていますが)非常に有意義な1日となりました。この勉強会の先生達に指導していただきながら、昨年自分の祖母に総義歯を作成いたしました。90歳を迎えたいわゆる超高齢者です。しかしお寿司もペロリ、ステーキもペロリと食べ美味しそうに一緒に食事ができたときは感無量でした。寿司ネタのイカだけは当日はちょっと無理のようでしたが。。

写真は自分が祖母のために作成した時の写真です、良くできていると当時は思いましたが今思うと反省点も多々あります。

 

総義歯で悩まれている方々に、自分の祖母と同じように美味しいものをたくさん食べられるようこれからも研鑽してまいります。

2017/06/12

2017.06.09 歯科医師勉強会

2017.06.09 破折歯治療③

 

今日の歯科医師勉強会は「破折歯」をテーマにした勉強会の3回目として医療法人社団歯生会 会長 眞坂信夫先生のDVDを教材に勉強会を行いました。

 

IMG_7850

2017/06/09

2017.05.21 人の進化から口腔機能を考える

2017.05.21愛知県歯科医師会館で行われた講演会に院長先生と一緒に行って来ました。

「人の進化から口腔機能を考える」

モンゴル大学客員教授 元岡山大学 岡崎好秀先生

 

岡崎好秀先生は私の大好きな本『泣かずにすませる小児歯科診療 』の著者です。この本は小児歯科診寮の臨床はもとより、子ども達を笑顔で帰らせるような診寮をめざして書かれ、小児歯科診寮のバイブル的な一冊です。今回の講演では「発生や進化」の話はもとより授乳や離乳食に始まる子育てが子供の口腔の形態や機能に及ぼす影響やしいては呼吸の形式に対する影響に至るまで大変興味深い内容を楽しくご講演くださいました。講演の内容を日常の小児歯科診療に生かすだけでなく、再度『泣かずにすませる小児歯科診療 』を医院全体で読み直し初診に戻ってお子さんの診療に当たっていきたいと思いました。

img_7679 img_7680

 

林玲子

2017/06/05

2017.06.04TipEdgeエキスパートコース

 

2017.06.04TipEdgeエキスパートコース

 

今日の宮島先生のセミナーは埋伏歯と癒合歯の治療、過剰歯、アンキローシスを起こした乳臼歯や先天性欠如歯の治療.Ⅲ級不咬合の治療などでした。また参加メンバーの持参した相談症例にも詳しく答えていただきいつもながら有意義なセミナーでした。

 

IMG_7833

 

 

1 / 1112345...10...最後 »