林歯科では松坂市で歯科医師を求人、募集しています三重県松坂市で歯科医師の募集・求人をお探しの方は林歯科医院へ

勤務医の日常ブログ

2017/05/22

2017.05.19 歯科医師勉強会

2017.05.19 破折歯治療①

 

今日の歯科医師勉強会は「破折歯」をテーマにした勉強会の一回目として『i-TFC根築1回法による歯根破折歯の診断と治療』 『歯が割れてもあきらめないで!―「歯根破折」で歯を失いたくないと思ったら読む本』 『接着臨床を極める』などの著書で有名な医療法人社団歯生会 会長 眞坂信夫先生のDVDを教材に勉強会を行いました。「歯根破折」は抜歯の原因の3番目ですが、ことメインテナンスに定期的にお越しになってらっしゃる患者様については、歯周病や虫歯を防げているので抜歯の原因の1番目になります。歯を大切にされメインテナンスの患者さまの歯を破折による抜歯から救いたいとの思いから今回からしばらく「破折歯」をテーマに勉強会を行います。

 

IMG_7675[1]

2017/05/17

ITI World Symposium 2017

 

院長の林尚史です。

今年のゴールデンウイークは、副院長と二人でスイスのバーゼルに行ってきました。ITIのWorld Symposiumでインプラントのお勉強です。

今までそれぞれが海外の学会に参加することはありましたが、二人揃って同じ学会というのは始めてです。

前々から二人で一緒に学会に参加するのが夢でしたが、これも昨年息子達が双子同時に現役で大学生になってくれたおかげです。

 

IMG_7171

 

IMG_7180

 

IMG_8671

2017/05/17

大阪にて研修

 

はじめまして、歯科医師の藤村です。今回がブログ初投稿です。

4月16に大阪で「スーパーDr育成セミナー」という研修に参加してきましたので、少し話をさせていただきます。セミナーには100名以上の方が参加しており、会場は熱気に包まれていました。

研修ではスーパーDrになるための勤務医としてのあり方、心構えをみっちり教わりました。

 

まずスーパーDrとはどんなDrでしょう。

スーパーDrとは治療に全力で取り組み、自分の治療技術向上のために常に努力、勉強を惜しまず、スタッフと良好な信頼関係を構築し、またスタッフをけん引しているリーダーのような存在です。

 

研修冒頭で自分の職場での役割をサッカーのポジションで例えると何かと聞かれて、まあフォワード(前線に位置し、主にゴールを決めるポジション)ぐらいかなあと何となく思っていたのですが、それだけでは不十分で、勤務医はキャプテンのような存在でなければならない、と教わりました。

 

朝は明るくあいさつをし、日々の勉強、練習を惜しまず、スタッフから信頼を得られ、引っ張っていけるよう心がけます。

また患者様に対しては怖がらせず、痛くなく、治療に対して十分な説明を心掛け、安心して受診していただけるような歯科医師を常に目指します。

 

何か困ったことや気になることがございましたらいつでもご相談ください。

2017/05/17

初めまして!

 

こんにちは!林歯科医院の歯科医師、鈴木隆太郎です。

今更ですが、今回が初めてのブログ投稿となります。

改めましてどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、当院の歯科医師は普段の診療はもちろんですが、更には休日返上で勉強会に出かけ、普段の診療とは違った視点、内容で、新たな知識や技術を吸収するべく、日々研鑽を積んでおります。

今回は私が今年行った勉強会の中でも、印象に残ったものをご報告したいと思います。

少し前にはなりますが、2017/01/29に第1回目となるGreater Nagoya Dental Meetingが愛知学院大学楠元キャンパスにて開催され、そこに1日参加してきました。

第1回にもかかわらず参加者数は450名を超え、名古屋圏で活躍されているスタディグループから、代表の先生方9名による多様な症例プレゼンテーションにより、会場は熱気であふれておりました。

中でも、基調講演をしていただいた月星光博先生からは、”治癒に国境はない”という壮大なテーマのもと、歯内治療(歯の根っこの治療)、歯牙移植(歯の移植)、保存修復(歯の詰め物など)などの多岐にわたる内容をテーマに、新しい知見や、今までの自分の知識のアップデートを行うことができ、大変有意義でした。

今回学んだことを全て行うわけでは当然ありませんが、普段の診療の中でも、少しずつ患者様にも還元できたらと思います。

 

suzuki-201705

 

2017/04/21

2017.04.14 歯科医師勉強会

2017.04.14 歯周外科ベーシックセミナー⑤「歯周外科実習」

 

本日の歯科医師勉強会は「歯周外科ベーシックセミナー」の5回目として、院長先生のデモの後、それぞれ豚の下顎を用いてオペの実習を行いました。

テキストは「イラストで見る筒井昌秀の臨床テクニック」です。

豚実習 2回目

① 部分層弁の基本術式

② 部分層弁による根尖側移動術

③ 遊離歯肉移植

 

IMG_1556

 

IMG_1558

2017/04/19

「顎骨壊死」について

「顎骨壊死」について

 

歯科医師の水谷です。

 

気がつけば歯科医師になって7年が過ぎました、林歯科では2年半前から勤務するようになりましたが歯科医師になってすぐの時は出身校の北海道大学口腔外科で勤務を開始、そこで3年勤務しておりました。

 

その北大口腔外科に今年3月末に4日間ほど研修に行かせていただき、最新の口腔外科事情について勉強させていただきました。お世話になった先生達にも久しぶりに会い、初心に帰って身も引き締まる思いでした。

 

そこで学んできたことの一つが「顎骨壊死」についてです。

 

2003年に報告があって以来このテーマは色々な学会で話題になっているテーマであり一般の人たちでも知っている人が多いと思います。ビスホスホネート製剤という骨粗鬆症の治療薬を飲んでいる人の抜歯を行うと、治癒が遅れて骨が腐ってします「顎骨壊死」という病態になります。昔はこのような状態を「BRONJ」と言い歯科界で話題になりましたが、ビスホスホネート製剤以外にも「顎骨壊死」を起こすことがあるということが段々と分かってきました。

 

数年前までは少し薬を休んで抜歯をすることを推奨されていましたが、それを実証するような実験データはなく、最近の発表では薬を休んだからといって「顎骨壊死」にならないわけでないと考えられるようになりました(詳細はもうちょっと細かい内容になるので省きますが)。

 

ではどのように対応していけば良いのかということになるのですが、これは細菌感染に対してどのように抗生剤を使用していくかということになります。基本的に歯科医師も学校で勉強しますが一般の歯科医院では重症細菌感染症に対してあまり知らないというのが現状です。

 

林歯科ではこのように歯科治療だけにとどまらず、関連医学の知識も吸収し病気のある人に対しても安全安心の治療を受けられるよう心がけています。医学はとても深い学問であり、すべてを理解しきれるわけではありませんが高齢者が増え、全身疾患を多くもっている患者が増えていっている日本の現状では必要です。今後もこのような取り組みは行っていくつもりですので病気があって歯科治療が受けられるか心配は人はまずスタッフにご相談ください。

 

ちなみに写真は3月末の北海道です。せっかくいったのに毎日吹雪ばかりで相変わらずすごい雪国だなーと実感しました。早く暖かい春を迎えたいものですね。

 

mizutani-20170401 mizutani-20170402

2017/04/10

2017.04.09名古屋臨床小児歯科研究会平成29年度総会・第28回学術大会

2017.04.09名古屋臨床小児歯科研究会平成29年度総会・第28回学術大会

 

平成29年度総会・第28回学術大会

場 所 : 安保ホール 名駅

 

① 松風“S-PRGフィラー”含有Giomer製品群の概要説明

 

②特別講演:15:00~17:00

石谷 徳人先生

「時間軸を見据えたわかりやすい小児歯科医療を目指して」

 

―私の考える包括的口腔管理の中での咬合治療―

子どもたちが正しい口腔の健康観を確立し、生涯にわたって快適な口腔環境で生活を送ることを目的に、患者個々の時間軸を見据え、継続的かつ包括的に行う口腔管理について特に小児期からの咬合治療のお話でした。

IMG_6923[1]

2017/04/10

2017.04.07 歯周外科ベーシックセミナー④

2017.04.07 歯周外科ベーシックセミナー④

 

本日の歯科医師勉強会は盛りだくさんな内容で、①保険請求の間違えやすい点の確認、②痛くない麻酔の相互実習、③「歯周外科ベーシックセミナー」の4回目などでした。林歯科医院は以前から麻酔がいたくないことで患者さまのご支持を頂いてきたと自負していますが、原点に立ち返り歯科医師全員が常に痛くない麻酔を打つことができるように実習を行いました。先ずは院長・副院長が患者様役になり勤務医みんなが麻酔を打って皆で評価しあいましたが、「自分も打ってほしい!と患者様役を希望する勤務医もいてみんな口中麻酔だらけになってしまいました。「歯周外科ベーシックセミナー」の4回目は部分僧弁剥離の術式を次回の豚の顎骨を用いた歯周外科実習2回目の予習として学びました。

2017/03/21

2017.03.17 歯科医師勉強会

2017.03.17 歯周外科ベーシックセミナー③「歯周外科実習」

 

本日の歯科医師勉強会は「歯周外科ベーシックセミナー」の3回目として、院長先生のデモの後、それぞれ豚の下顎を用いてオペの実習を行いました。

院長のデモではみんなそれぞれのスマホやビデオで動画を撮影するという熱心さ!林歯科のドクターたちは結局みんなまじめで勉強熱心です!

テキストは「イラストで見る筒井昌秀の臨床テクニック」です。

豚実習 一回目

① 歯周外科における縫合の基本

・8の字縫合

・単純縫合

・クロスマットレス縫合

・水平マットレス縫合

② 全層弁による切除療法の基本術式

③ 全層弁の水平切開と弁の戻し方

④ 部分層弁の基本術式

 

IMG_1442

IMG_1446

IMG_1458

 

2017/03/13

2017.03.11歯科医師勉強会

 

2017.03.11歯科医師勉強会「歯牙移植オペ見学」

本日の歯科医師勉強会は歯牙移植のオペ見学を行いました。最初にCTの画像の確認を歯科医師全員で行い、その後移植のオペ見学となりましたが、患者様が身内であったため本人の了承のもと院長先生のオペをかぶりつきで見学させていただくことができました。

IMG_6763

IMG_6764